昨年から取り掛かっていた改装工事の解体がおわりいよいよ工事が始まります。

大阪の中心部なのでとても景色がよく、遠くに生駒山も見えます。

こんな景色を毎日目られたらいいなあ、とおもっていると、意外なことに、山が遠くに見えるというのが、施主さんにとっては救いになっているようです。

都会のビル群の景色が嫌いでそうおっしゃったわけではないと思いますが、少しでも自然が見えるという事だけでもだいぶ違うものかと、言われてみると確かに全部人工物しか見えないというのは、ここ100年くらいの間にできたかなり異様な風景かもしれません。

 

現場の解体終了R0021267