事務所の机をDIYでつくっています。中間部分は片持ちにして脚をなくしていますので足が無い部分は、天板を支える腕木に強度を出すため鉄を挟んで、複合梁にします。下がその複合梁の写真

futaba_arch_blog_18092605

エポキシ系接着剤+写真右のタッピングビスで鉄と木材を縫い付けます

ビスで固定するためにボール盤で下穴をあけたら木部がスカスカなのに鉄部にはビスが入らないという状態になてしまいました。いきなり失敗です・・

完成イメージ

三つに分かれていてそれぞれ引き出せるように考えています

理由はボール盤の振れとドリルをありあわせの5.5ミリφを使ったためです。鉄の10ミリのフラットバーに対応するM6用タッピングビスの下穴が5.7φなんですが柔らかい木部はボール盤の振れで6ミリくらいの穴になってしまい硬い鉄部は下穴通りの5.5φの穴が開いたため鉄部では入らず木部ではスカスカという状態になってしまいました。0.2ミリおろそかにできないもんですね。

ボール盤の軸の振れを調べると0.5ミリもありました。5.5+0.5=6なのでそりゃ木部ではスカスカになるわけです。こりゃボール盤のチャックを交換する必要があるかもしれません。ちなみにボール盤は普通に部屋に置いているので、買ったときは奥さんの小言を免れなかった代物です。今更振れがすごくて使えないなんて言えません!

テーブルを引っ張り出した状態

テーブルをひとつ引っ張り出した状態

下からの見上げ

下から見るとこんな感じ。中央には足がありません

チャックを外し掃除して慎重に付けなおして再度振れを計測すると0.05mmに納まりました。許容範囲の数字なのかどうか判断できませんが、最初の振れからすると1/10になったので、ボール盤は良しとして5.7φのドリルを注文し出直します

設計だけをやっていると、ディテールは意識しても図面表現としては1/1までです。現場で「机上の空論だろ!」と衝突することもありますし、確かに図面だけでは何の意味もありません。自分でやることでその先の細部まで体験でき、設計段階で想像していたことが、やってみて失敗しても何となく腑に落ちてすっきりしました。素人施工の特殊なテーブルですが、万が一誰かの参考になれば幸いです。