我が家の床の大掃除と兼ねて床のオイル塗装をしました。
ペットに犬をかっている事もありますが以前塗ってから5年目での再塗装。

使用したオイルはワトコ、ティンバーレックスのナチュラルという商品で無色のタイプです。
3.5Lで36㎡塗装可能と性能表示されていましたが結果的に1Lもあれば50㎡位余裕でぬれるんじゃないかという感じでした。

塗装方法は刷毛でまんべんなく塗り、20分程度あけてから
雑巾やボロ布で拭き取るというやり方です。メーカー説明には二度塗装すると説明されていますが、一回目の塗装で拭き取ればむらもなく、その必要は余り感じませんでした。(二回目は一階目の1/3程度の量で済むようなので二回塗ったとしても0.1L/㎡というのは、多過すぎるようなきがします)

前から気になっていたので床も気分もスッキリしましたが、子供が乾く前にあるいたり犬の豆やんがあるいたりそのたびに大慌てで、乾くのに24Hくらいかかりますし、塗るのは割と簡単ですが、タイミングの調整の方が気を使いました。

以前ついた傷や油性マーカーの落書きなども紙やすり(♯400程度)で落としてからオイルを塗れば綺麗に無くなります。

不思議なもので無垢材は使うほど良くなります、ビニールやウレタンで表面をコーティングしてしまうとこうはいきません。経年劣化や傷はただ汚れとなって蓄積していくいのでなるべく長持ちする素材を使うことは大切です。床に以前より貫禄が出てきたように感じました。

futaba_arch_blog_20171018-1

刷毛で塗ってふき取る前の様子

futaba_arch_blog_20171018-2

拭き取り後は乾くまで新聞紙をひけば歩けます